えがおの青汁について

えがおの青汁

えがおの青汁は、数ある青汁の中でもトップクラスに美味しい青汁であり、毎日続けて飲めるように飲みやすさにこだわっています。
ほんのり甘くて美味しいという味が人気で、厳選された素材を細かい粉末状にし、抹茶をプラスしてスッキリとしたのどごしを実現しています。

また、素材をそのまま使う青汁だからこそ、原材料にも徹底的にこだわっており、九州で作られる大麦若葉は、手つかずの自然の中で寒暖の差が激しい土地でたくましく育っており、葉の色が感動的に濃いのが特徴です。
刈り取ってすぐの大麦若葉をそのままかじると、甘みすら感じられます。

沖縄県与那国島産の長命草は、沖縄で古くから健康に良いとして親しまれてきた草です。
島では刺身のツマやサラダ、天ぷらなどに使われています。

元気な高齢者が多い与那国島で、古くから島の人の健康を支えています。
えがおの青汁の原材料を見ると、大麦若葉粉末が1番多く入っている青汁だという事が分かります。

他にも長命草や発酵黒生姜粉末、有機ケール粉末、有機桑葉粉末など青汁の代表的な主原料が沢山入っています。
更に見逃せないのが葉酸です。

葉酸は特に最近注目されている栄養素で、シリアルや野菜ジュースにも添加されているなど積極的な摂取が推奨されており、えがおの青汁1杯で182μgもの葉酸を摂取する事ができます。
身体を温める生姜やデトックス効果の高い桑の葉、更に葉酸と得に女性に嬉しい栄養がいっぱいの青汁です。